トピックス一覧


第3回アジアオセアニア放射光科学フォーラム・放射光スクール - ケイロンスクール2009 - (2009.11.2〜11)

アジアオセアニア放射光科学フォーラム (AOFSRR:会長 Dr. Keng Liang−NSRRC/台湾) が主催するCheiron School (ケイロンスクール)がAOFSRR、理化学研究所、KEK、JASRI、日本放射光学会の共催によりSPring-8で11月2日〜11月11日の10日間にわたって開催されました。
今年は、オーストラリア、中国、インド、韓国、シンガポール、台湾、タイ、日本のAOFSRR加盟国に、ニュージーランドからの2名を加え、9カ国55人の若手研究者、大学院生が参加しました。 タイ、台湾、オーストラリアからは、各国5名の定員枠を超えて生徒が派遣されるなど、3年目を迎え、ケイロンスクールに対する認知度は高く、ほぼ定着したものと思われます。

今年は、Sunil Sinha教授(米国)、Jens Als-Nielsen教授(デンマーク)などの強力な講師陣による基礎から応用技術までバラエティに富んだ講義、懇談形式のミート・ザ・エキスパート、22コースに上るビームライン実習を行いました。
最後にケイロンスクール開催にあたり、蛋白質構造解析コンソーシアム、リガク(株)をはじめ各方面から多大な御協力を頂きましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。



前のページに戻る